ベルトの部品がなくなった

ベルトが壊れたときに部品の一部を紛失してしまう。ベルトが壊れたまま放っておいたら部品がどこかにいってしまった。などのご相談をよく受けます。調節用のコマが残っていればそれを使用し取り付けることが可能です。場所によりコマの間に段差ができることもありますが、1ミリ程度の段差ですので気にかけるほどではありません。
もし余ったコマがなくてもステンレス限定ですが部品作製でならそのような症状のベルトでも修理ができます。ステンレスの塊から削りだし磨くことでほぼ同じような形状にして取り付けますので普段使用しているときに違和感を覚えるほどではありません。

注意)・素材により取り付けが不可能なものもございます。また、多少の段差や修理痕が気になる方はご遠慮願います。
・ステンレス以外(メッキを施してあるものや金無垢、セラミック製、ラバー製)の場合は修理が不可能であったり、修理をした場合、カラーや質感が異なり違和感を感じる可能性がありますのでご注意ください。

関連する修理内容

  • buhin-img2

    ベルトの部品がなくなった場合の溶接修理

    腐食等によるピン折れや接合部分の破損等を修復いたします。溶接修理やベルト内部のピンの取替え

  • buhin-img1

    ベルトの部品がなくなった場合の部品作製修理

    ベルトが壊れたときに部品の一部を紛失してしまう。ベルトが壊れたまま放っておいたら部品がどこ

「ベルトの部品がなくなった」に関する修理事例

バシュロンコンスタンタンの時計修理

オメガの中留め修理

モンブランの時計修理

往復配送無料サービス

人物01

あなたの想いでがたくさんつまった大事な時計。
早く元通りにしたいと思いませんか?

当店のサービスは「正規代理店より安く修理できた」「研磨もお願いいたけど、新品と見違うぐらいの綺麗な仕上がりに驚いた」「迅速な対応で、電話対応も素晴らしく、安心してお任せできた」と喜んで頂いております。
まずはあなたの時計の状態を教えてください。

時計を送る時はこちらから

最短翌日

無料電話相談

人物2

「HPに載っていない時計だけど直せますか?」 「見積りの仕方がわからない」 「修理がいいのか、取り換えがいいのかわからない」 等どんな些細なご質問・ご相談でも無料で承ります。

フリーダイヤル 0120-62-7501

フリーダイヤル